--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-31(Mon)

短歌いろいろ3

想い出が欲しいと君が泣くんだ
    ただ抱きしめたくなる蒼い夜



    眠らない街、喧騒の中
    キミの声しか聞こえない・・・聞きたくない


    帰りたくないから遠回りして帰ろう
    あの犬にも会いたいな


    ゆらゆら揺れる水面にうつるのは
    アタシのまがったココロなのかも



    右腕に荷物のようにぶら下がり
    肩を抱かれて沈む街並み


    やがて雨はあがる
    二人別々の生き方を輝かせてくれる


    見えない星を探してみる
    正座になったらキミのなまえをつけるよ


    ひらがなが多いあなたのメール
    「さんきゅ」「あいしてる」もキュンとなる


    「どこが好き?」と訊かれて
    どのくらい好きかばかり答えるアタシがいる


    この映画を恋人と観たら幸せになるらしい
    彼が?私が?


    やれると思われたのは悔しいけど
    事実やっちゃったからいいか・・・


    赤い紅つけてたの?
    あくまでその煙草をあなたが吸ったのならば・・・


    「純粋な恋がしたいね」と言ってみる
    ホットミルクを混ぜながら


    部屋に誰もいない土曜日で
    「やらなきゃ」がいっぱいあって淋しい


    無数の蛍の光りと
    ゆらゆらゆれる光は
    父との思い出


    睡眠の足りた幸せな子供でいられない
    アタシ達ふたりは


    気がつくと過去形でしか使っていない単語
    「夢」「恋人」


    鈍感なぶんだけ幸せになれる?
    鈍感なフリして不幸せ


    道のりの遠さに気がついた
    一息つくためしゃがみこんでみる


    悲しくないよう何かするたび
    違うとこ悲しいのはなんでかな?


    疲れたらしくアクビしたら涙が出た
    泣きたかった自分がいた


    いろんなことがあって今幸せなのは
    いろんなことがあったからだ


    蒼く沈んでゆく闇がかさなり
    アナタを探してさまようアタシ

スポンサーサイト
2007-12-30(Sun)

ありがとう

今年ももう少しで終わりですね。

「ありがとう」っていっぱい言ってきた。
もしかして伝えてない人がいるかもしれない。

ほんとうにありがとう。

愚痴をきいてくれてありがとう。
やさしくしてくれてありがとう。
元気をくれてありがとう。

来年は「ありがとう」をお返しできるように
がんばるね。

ただ、ありがとうって言うだけじゃなくて
想い願えるように。
そしてカラダにココロに染み込ませようと思う。


2007-12-29(Sat)

短歌いろいろ2

大切な存在だからこそ
いつも思い出すのは透明な記憶


一途な勇気を私にください
もっとあなたを愛したいから


光と影みたいに与えあえる関係になりたいね
私たち


からだもこころも
あなたがいないと
せつなさだけが
こみあげてくるよ


君の小さな声
せつなさが込み上げる
あなたが遠い存在に


どんな距離も越えて行こう
二人ならどこまでもいけるよ
きっとね・・・


冬空の視界には雪が
耳を澄ませば聞こえてくる
冬の音


シャンプーさえ出来れば大丈夫
今日も独りでやっていける


日程を決めても会えない
すれ違う二人のこころは
今どこに?


夜から朝に
闇から光に
頼るべき腕はこの人のものか


人の手に触れれば
やさしささえも伝わってくる
きれいになれるよ


バレンタインというイベント
チョコさえ渡せば気持ちは伝わるの?


真っ白な便箋に「好き」と綴る
精一杯の自分の気持ちを


幸せの形ってどんなの?
丸い四角い?
きっとそれは暖かい


くっついて歩く星空
かすかに見える星まで
歩いて行けたら・・・


遠い記憶の中には未来の予感があったのに
どこにいったの


止まったままの時計に時刻
哀しみが襲った時刻にしておく


あなたの声と私の声が背中合わせ
まるで気持ちの鏡ね


逢いたい気持ちが募るばかりで
いつもふたりの時間がすれちがう


結婚なんて言葉はいらない
分かり合いたくて
そばにいたいだけ


一人が寂しいと
手さえ触れることなく
結婚しようという人


なぜ?なぜ?・・・と、何度も繰り返す
死に急ぐ彼女
私を残して


これから夜空を見上げると君を思い出すよ
ずっと・・・忘れないよ


チョコレートを持って会いに行こう
髪をくしゅくしゅしてもらえる


また始まる日々
もうすぐ冬は終わる
静かに迷っていたかった


ふと眠り
ふと目覚めることの繰り返し
どこに幸せがあるのか?

2007-12-28(Fri)

短歌いろいろ

「凶」と出たおみくじ
   運命かえるは明日からの私の行動


   涙にならない悲しみが襲ってくる
   あなたがいない夜がまた


   彼と心が重なってるはずなのに
   何も感じないこの焦り


   ずっしりとお腹にのる猫
   まだふくらんことのないこのお腹に


   抱いていた猫を下ろせば
   胸が寒い
   あなたがいないときと同じ


   すれちがう人のコロンで思い出す
   あなたにいてほしい夜がここに


   細くて長いあなたの指は
   髪撫でてくれる仕草がいつも好き


   瞳を閉じているとき
   腕に何もかも預けているという心地よさ


   明日会う約束があれば
   こんなにも静かに眠れる愛おしさ


   その笑顔は私だけのものなの?
   心はカメラで写せないもの?


   あなたが傍にいるけれど
   記憶の中はいつも1人
   いつだって1人


   星がきれいな日は会いに行く
   月の光とともにあなたのもとへ


   二つの影が重なる時
   その笑顔私のものになる瞬間


   雲の流れが早いのは
   君の心変わりのようだね
   いつもいつも・・・


   「愛してるよ」が悲しい別れなら
   「さよなら」から始まる恋もある?


   悲しみを超えたとき
   いつも強くなる
   今朝の心ペンキ塗り立て


   愛から覚めるように目覚めた朝は
   気だるさだけが体に残る


   幾千もの光を浴びて強くなる
   明日もあさっても強くなる


   心の色はクリスタル
   雪色に反射してキラキラ光る


   もう友達には戻れないのね
   重ねた唇決意の表れ


   星の衣を身に纏い
   月の光で歌を歌う
   遠い記憶


    喧嘩のあとのセックスは
   身体がついていかないことを知っている


   いじわるしたくて泣き真似してごめんね
   困った顔見たかっただけ


   寒がりな私をいつも抱き寄せて
   囁いてくれる愛してるよ


   どこまでも
   地図にない道を進むことだって
   二人なら怖くない


   目の前にあなたがいるのに見えないの
   心までは写せぬカメラ


   寄せ返す波のしぐさのやさしさが
   あなたと私の遠い記憶


   作った料理を最後まで食べてくれる
   そんなあなたが好きだった


   たくさんのやさしさと勇気をくれた君へ
   心を込めてありがとう


    私に魔法が使えるのなら
   あなたと夜空のドライブがいいな


   「寒いね」と話しかければ
   「寒いな」と答えてくれる
   あなたがそばに・・・♪


   年下の男に「おまえ」と呼ばれて
   蜂蜜のような甘さがそこにある
2007-12-27(Thu)

ライン

つかむ人、つかめない人、

その間に
線をひいたのは自分自身。





誰が決めるの、そんな線。

何を区切るの、その線で。




うらやましそうに
眺めてるのなら、
いっそ小さな円書いて、
特別エリアをつくるんだ。



その中には自分だけ。



誰とも区別することはない。

これ以上は、線もひけない。



他の誰じゃなく、
どこの誰じゃなく、

自分と一緒に生きてゆこう。




「らしく」って、
よくわかんなくても、


「好きに」
生きることはできるから。






自信がついたら、
踏み出してみよう。




きっと世界は変わってる。


2007-12-24(Mon)

メリークリスマス

クリスマス
2007-12-22(Sat)

悲しくなんかない

アタシたちの歩いた道が

あなたの道しるべになるなら
2007-12-21(Fri)

1番握りたい手なのに

1番遠いのは

アタシが手を離したから
2007-12-20(Thu)

大切な友達へ

いつもそばにいてくれて
ありがとう

いつも愛してくれて
ありがとう
2007-12-19(Wed)

わたし

 鏡の中の私
  もう一人の私
 
 他人の中の私
  もう一人の私
 
 私の中の私
  もう一人の私
 
 
 本当の私は何処にいるの?

more...

2007-12-16(Sun)

あったかスープ

あったかいコーンスープを飲む

赤くなった指先を見ながら

椅子の上で膝を抱えて

パソコンの前で


熱が喉を通り過ぎて

お腹に溜まる

鼻水が垂れそうになる


あぁ… わたし

あったかい人になりたいな

そう 思った
2007-12-15(Sat)

懺悔

目に見える悲しみがなければ

ささやかな幸せにさえ気付かない
2007-12-09(Sun)

運命

アナタが
この道を歩くことを決めて


アタシが
この道を歩むことを決めた





それが偶然同じ道で、
出会うことになったなら、



それは運命と言うのでしょうか。





響きがいいから使ってしまう。

あきらめや支配の影を感じるコトバ。





決断と決断の連鎖反応で、

アタシの世界は動いてる。





「これが運命」

「これがさだめ」


って、






誰かのせいにはしたくない。

不可抗力だとあきらめたくない。





アタシがそれを決めたから、

アタシが選んだことだから、





その責任は、アタシ持ち。

2007-12-07(Fri)

あれが

あれがアナタの好きな場所

あれがアナタの好きな色

あれがアナタの好きな人
2007-12-02(Sun)

全部

今までの苦しみも悲しみも

痛みも切なさも全部

アタシには必要だったこと

2007-12-01(Sat)

重要

アタシにとって重要なのは

何処にいるかじゃなく

誰といるかなの
プロフィール

愛音

Author:愛音
ゆっくりまったり。
そんなペースで進んでいこうと思います。

趣味:妄想と現実逃避
LOVE:キラキラした物

☆リンクフリーで大歓迎☆
ご一報くだされば、飛んで行きます


アクセス解析

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
リンク
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Ranking
ランキングに参加しています。 応援してくださぁい(^^)

fc2ランキング

PoemBer

∥Poembar∥click!∥

RSSフィード
ブログ検索
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。